AndroidタブレットとiPadの相違点

タブレットを購入しよう!と決めたら、まず迷うのが、AndroidタブレットとiPad、どちらを選ぶか、という点です。
まずは、両者の違いを見てみましょう。

Androidタブレットは、Googleが提供しているAndroid OSを使用しています。
Androidタブレットのメリットとしては、以下のものが挙げられます。

・初期に利用する際、別途パソコンを用意する必要がない。
・本体に直接挿して外部メモリを使用できる。
・選べる機種の種類が多い。
・ホーム画面のカスタマイズの幅が広い。
・種類が多いので、安いタブレットも多い。
デメリットについては、以下のようなものが考えられるでしょう。
・iPadに比べると、アプリの数が少ない。
・OSのバージョンによって、アプリの動作が不安定になることもある。
iPadはApple(アップル)社が開発から販売まで一貫して行っており、iOS OSを使用しています。
iPadのメリットとしては、以下のものが挙げられます。
・マーケットのアプリの総数が多い。
・機種が1つしかないので、仲間が多い。
・同じサイズで比べると、Android よりiPadの方が軽量である。
・壁紙の種類が多い。

デメリットについては、以下のようなものが考えられるでしょう。
・初期に利用する際に、別途パソコンを用意する必要がある。
・外部メモリを使用するには、別途周辺機器を購入しなければならない。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ネット初心者向け・PCタブレット・スマホの選び方 All Rights Reserved.